読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちはどう生きるか

結局僕たちってどうやって生きていくのが良いんだろうね

僕を育ててくれたはてブに愛を込めて。

僕はこれまでいろんなものに育てられてきた。特にはてな界隈から受けた影響は計り知れない。ちょっと後輩が増えてきたから、ちゃんとブログに書き残しておいて、僕の足跡を辿れるようにしておこうと思う。

最初何をきっかけに知識を増やしていったか

いつもデートの待ち合わせに本屋を使っていたのだけれど、当時の彼女をそこで待つことが多くて、最初は「Web Designing」とかそういう雑誌はすぐに読み尽くしてしまった。ウェブデザインの専門誌を読み尽くして手にとったのが、レバレッジ・リーディング。その本を読んだことがある人からすると想像できるだろうけど、本格的な読書体験の1冊目がそれだったとしたら、その先にあるのは当然ビジネス書の多読になっちゃうよね。

そうして、16歳らしからぬ語彙力と、勝間和代イズムをベースに、溢れんばかりの知的好奇心をもって、僕ははてブの世界に飛び込んだわけですよ。

はてブのおすすめブロガー

僕が最初にハマったのは、全盛期のふろむださん。ダンコガイさん。それからちきりんさん。bewaadさん。正直今のほうが面白いけど、シェイブテイル日記とかやまもといちろうさんも読んでた。

なかなか殺伐とした世界が広がっていたけれど「上京したい」と僕に思わせるきっかけにはなった。大学に入ってからも、24時間残念営業のうちらの世界の話や、ワタミの社長批判は衝撃的で、僕の社会に対するものの見方を大きく変えた。僕がロードサイド店で埋め尽くされた「地方」に興味を持って、いくつかNPOの立ち上げにチャレンジしたのも、MK2さんの見た「社会」に触れ合えたからなんだよね。

今は僕にもさすがに尊敬する教授が2人できたけど、それまではネットが僕の価値観を作る全てだった。

まだはてブの世界に入り込んでまだそれほど経っていない人、特に今のイケダハヤトの弟子みたいな入り方をしてしまった人、ぜひ上記の名前でググッて殺伐とした世界に足を踏み入れて欲しいところ。

はてブ必読記事

ひとまず3本、必読記事紹介しておくので、ぜひ一度読んでみてね!

特にふろむださんはマジ名記事多い。会社経営考えるならまさにコレや。

プログラミングとは経営判断の集積である - 分裂勘違い君劇場

もう一つ、24時間残念営業はもう潰れてるけど、お気に入りの記事をはっとく。こんなに優しくワタミdis展開したのはホント衝撃やで。この2本はロールズの正義論と合わせて読んで欲しい。

【魚拓】「疑わない」という怠惰について - 24時間残念営業

【魚拓】「うちら」の世界 - 24時間残念営業